なにをしても話題の中心に居る天才スイマー 北島康介

こんなに有名なスポーツ選手も日本ではめずらしいかも。北島康介――すでに2度のオリンピックで2種目2連覇を果たした日本競泳界の逸材。勝つたびに語るコメントがユニークで年末の流行語大賞を騒がせる。

水泳の軌跡をみると、もっと凄いことに気が付く。北島康介は、いったんは落ち込みつつもかならず戻る距離の倍以上のジャンプアップをみせてきたのである。あたかも一度落ち込まないと、浮上しないかのように。かならず自分を追い詰めてから次の浮上時を探って来る。

周囲からのプレッシャーは相当なものと思われるが、本人はいたって平気。それまでの日本人にはまったくいないタイプのアスリートなのかもしれない。
このサイトではそんな謎の魅力にあふれている北島康介選手をピックアップして探ってみることにしよう。

まずは北島康介選手の簡単なプロフィールから

生年月日 1982年9月22日
血液型 B型
身長 178cm
体重 72kg
種目 平泳ぎ
出身地 東京都
所属 日本コカ・コーラ
スポンサー 日本コカ・コーラ株式会社、ヤマト運輸株式会社、スズキ株式会社(スイフト)

5歳から水泳を始め、2000年シドニーオリンピックに初出場して4位に入賞。2004年アテネオリンピックでは100mと200mの平泳ぎで金メダルを獲得。2008年北京オリンピックでも両種目で金メダルを獲得し、競泳での日本人初となる2種目2連覇を達成した。

2009年4月にロサンゼルスに拠点を移し、同年6月から南カリフォルニア大学にてトレーニングをスタート。11月には北京オリンピック後初となるレースに復帰した。

2010年1月10日から北島康介自らが番組を企画し、2012年ロンドンオリンピックへの道のり、水泳に対する思い、取り組み等を伝えるドキュメンタリー番組「北島康介TV」がBS日テレで放送開始。競技活動の傍ら、2004年から行っている水泳イベント「フロッグタウンミーティング」などを通じて水泳の普及活動を積極的に進めている。